コラム

産業廃棄物 2021.07.21

産業廃棄物の「がれき類」と「コンクリートくず」の違いとは?分類基準や具体的な判断例を紹介

廃棄物回収安心第一業者選定産業廃棄物廃棄物

この記事では、産業廃棄物における“がれき類”について詳しく解説!“コンクリートくず”との違いや分類基準、具体的な判断例をいくつかご紹介します。 「“がれき類”と“コンクリートくず”との違いがイマイチよくわからない…」という方や、「どういった基準で分類すればいいのかわからず、困っている」という方は特に必見です!

1.産業廃棄物における「がれき類」とは

産業廃棄物における「がれき類」とは、“工作物の新築・改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片、その他これらに類する不要物”を指します。

『コンクリートがら』、もしくは『コンがら』と呼ばれることも多いです。

参照:産廃知識 廃棄物の分類と産業廃棄物の種類等(公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター)

 

また、「がれき類」は原材料として再生利用率が高いのも特徴の一つ。

環境省が発表した令和元年度の産業廃棄物の排出及び処理状況についてまとめたデータによると、「がれき類」の再生利用率はなんと96%と産業廃棄物の中でもトップの数値となりました。

参照:産業廃棄物の排出及び処理状況(令和元年度速報値)

 

「がれき類」は主に破砕処理され、建築物の基礎に詰め込まれる“砕石”として使われたり、道路舗装の基礎となる路床の上に敷かれる“路盤材”として使われたり、コンクリートやアスファルトの原料である“骨材”として使われたりと様々な用途で再利用されています。

 

2.コンクリートくずとの違いは?

「がれき類(コンクリートがら)」と間違われやすいのが、同じ産業廃棄物の一つである「コンクリートくず」です。

似たような名前ですが、「がれき類(コンクリートがら)」と「コンクリートくず」では分類基準が異なります。

 

2-1.がれき類(コンクリートがら)

前項でもご紹介したように、「がれき類(コンクリートがら)」とは工作物の新築・改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片、その他これらに類する不要物を指します。

工作物の新築・改築または除去により生じたものを指すため、同じコンクリート破片やアスファルト破片でも建設・解体工事以外で生じたものは「がれき類(コンクリートがら)」に分類されません。

 

2-2.コンクリートくず

建設・解体工事以外で発生した、ガラス類(板ガラス等)や製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くずなどが「コンクリートくず」に分類されます。

 

つまり、「がれき類(コンクリートがら)」と「コンクリートくず」は、建設・解体工事により生じたか否かが分類基準となります。

 

3.がれき類の具体的な判断例

最後に、「がれき類」の具体的な判断例についていくつかご紹介します。

分類に悩んだ際には、ぜひ以下を参考にしてみてください。

 

■鉄道の線路に敷いてある砂利を除去する際の分類

「がれき類」に分類されます。

鉄道の線路は工作物に当たるため、砂利は鉄道の線路の一部とみなされます。

 

■採石場にて排出された不要な岩石の分類

「鉱さい」に分類されます。

採石場は建設現場ではありませんし、排出された岩石は工作物にも該当しないため「がれき類」とはみなされません。

 

■石材製造業者によって排出された不要な石片の分類

「ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず」に分類されます。

石材製造業は建設現場とも工作物とも関係がないため、「がれき類」とはみなされません。

 

■地盤改良工事に伴い生じた、アルカリ性を呈する地盤改良かすの分類

「汚泥」と「廃アルカリ」の混合物に分類されます。

 

4.「がれき類」「コンクリートくず」の処理を依頼する場合、業者選びは慎重に!

「がれき類」は再利用率が非常に高い産業廃棄物ですが、長距離輸送に向いてないなど問題もあるため、中には不法投棄を行ったり不適切な方法で処理する悪質な業者もいます。

 

しかし、不法投棄や不適切な方法で処理することは法律で禁じられており、発覚すれば罰金刑や懲役刑を受けることとなります。

罰則を受ける対象となるのは、実際に不法投棄などを行った処理業者だけではありません。

処理を委託した事業者にも罰則が科されるので、業者選びには注意が必要です。

 

『悪質な業者だとは知らなかった!』では済まされないので、「がれき類」や「コンクリートくず」などを処理する際には適切にリサイクルが出来るように安心・安全な処理業者を選びリスクを減らしましょう!

 

ちなみに、弊社・リダクションテクノでは「がれき類」や「コンクリートくず」の収集運搬・処理も承っております。「がれき類」と「コンクリートくず」の廃棄をする際に判断に困っているなど、廃棄物に関するお悩みがありましたらぜひリダクションテクノまでご相談ください!

この記事に関連するコラム

お問い合わせ・無料お見積り
Contact・Free quote

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6231-8455

受付時間:平日9:00〜18:00

お問い合わせ お見積り依頼