コラム

産業廃棄物 2020.10.13

混合廃棄物とは?扱い方・業者に処理を依頼する際に気をつけるべきポイント

廃棄物回収価格適正化業者選定産業廃棄物廃棄物

複数の種類の廃棄物が混合している“混合廃棄物”は、排出する際に注意が必要です。例えば混合している廃棄物の“処理許可”を得ていない業者に処理を委託してしまうと、無許可営業の業者へ委託したとして罰則を科されてしまうことも…!そこでこの記事では、混合廃棄物の扱い方や、業者に処理を依頼する際に気をつけるべきポイントなどについて解説します!

 

 

1.そもそも混合廃棄物とは

混合廃棄物とは、複数の種類の廃棄物が混合している状態で、種類ごとに分けるのが難しい廃棄物を指します。略して“混廃(こんぱい)”と呼ばれることも多いです。

そもそも廃棄物は「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に区分され、そのうち「産業廃棄物」はさらに20種類に区分されます。

しかし、実際は廃棄物が単品で排出されるとは限りません。現実では色々な種類の廃棄物が複雑に混ざって混合廃棄物として排出されるケースも多くあります。

 

2.どんな廃棄物を「混合物」として扱えばよいか、明確な基準がない?

混合廃棄物には、どんな廃棄物を混合物として扱えばいいかといった明確な基準があるわけではありません。

しかし、契約書に記載する場合は、「混合廃棄物」と一言で済ませるのではなく、中身をしっかりと確認の上、実際に含まれる産業廃棄物を、通常の20種類から抜き出して付記しましょう。

 

例:建設混合廃棄物(木くず、紙くず、繊維くず、廃プラ、金属くず、がれき類、ガラス陶磁器くず)

 

ただし、“油分を含むでい状物”のみ、環境省の通知で基準が定められているので注意が必要です。「油分をおおむね5%以上含むでい状物は汚泥と廃油の混合物」として扱われ、この条件に該当しないものは「汚でい(油分を含む汚でい)」として扱われます。

参照:油分を含むでい状物の取扱いについて

 

もし廃棄物の扱いについて判断に迷った場合は、行政に相談しましょう。

3.混合物の処理を業者に委託する際に、気を付けなければならないポイント

続いて、混合廃棄物の処理を業者に委託する際に気を付けなければならないポイントについて解説します。

例えば無許可営業の業者に委託してしまうと、法律違反となり罰則を科されることも…!

業者を選ぶ際には以下のポイントに気をつけましょう。

 

3-1.混合している全ての廃棄物の“処理許可”を取得している廃棄物処理業者に委託する

混合廃棄物を排出する際に一番気をつけなければならないのは、混合している全ての廃棄物の“処理許可”を取得している廃棄物処理業者に委託すること。廃棄物は区分ごとに許可が分かれています。

そのため、委託した廃棄物の中に許可を得ていない区分のものが含まれていた場合、全量受け入れできず返品になるケースも多いです。

中には、混合廃棄物を持ち込むと、処理料金とは別に“選別費用”を請求されるケースも…!

無駄なコストをかけないためには、選別方法から処分まで早い段階で業者に相談することがポイントとなります。

ちなみに、無許可の業者に処理を委託すると、法律違反となり罰金や懲役刑を科されるので注意しなければなりません。

処理委託契約を締結する前には、混合廃棄物に含まれる品目について相談した上で、必ず業者が持っている許可証の写し等を確認しましょう。

 

3-2.混合物について、廃棄物処理法で定められたマニフェストを発行してくれるか

マニフェスト(管理票)とは産業廃棄物を運搬する際に使う“産業廃棄物管理票”のことで、産業廃棄物を処理する際にはマニフェストの交付が必要となります。

(参照:廃棄物処理のマニフェストとは。違反した際の罰則や運用基準などをご紹介!)

 

そのため、業者を選ぶ際には廃棄物処理法で定められたマニフェストを発行してくれるかどうかも確認しなければなりません。

一般的に混合物のマニフェストは、廃棄物の品目ごとに部数を分けず、1つの混合物について1部交付します。

廃棄物名称や廃棄物分類の欄に“混合している品目が何か”分かりやすく記入する必要があるので、中身をしっかりと確認の上、実際に含まれる産業廃棄物を具体的に明記しましょう。

 

3-3.「混在・混合」の状態を正しく判断出来ない業者だと、廃棄物処理法違反になってしまうことも

例えば、プロジェクターなどといった様々な素材のパーツが使われているものを廃棄する際には要注意。自治体によって解釈は異なりますが、いくつかの種類の産業廃棄物が混合している状態で排出する場合には基本的に“混合廃棄物”として処理しなくてはなりません。

この「混在・混合」の状態を正しく判断できない業者に依頼してしまうと、1種類の産業廃棄物として処理されてしまい廃棄物処理法違反になってしまうこともあります。

産業廃棄物は適切な方法で処理しないと罰金刑や懲役刑に科されるので、業者の見極めには十分注意しましょう。

 

4.小さな一歩から始める、仕分け方法

廃棄物の仕分けについては、国からも事業者は仕分けを積極的に行うよう意向が示されています。(参照:現場分別マニュアル)

 

正しく仕分けすることは廃棄物処理法に違反しないために行うだけでなく、コスト削減にも繋がります。

例えば再資源化が可能なものや買い取りが可能なものをキチンと仕訳ければ、廃棄物処理費用のコストを最適化することも可能です。

コスト削減にもなるため、混合物を排出する際にはぜひ仕分けについて意識してみましょう!

 

5.リダクションテクノでは混合物の処理だけでなく、仕分け代行・現場教育支援も実施

ご紹介したように、混合廃棄物は排出する際に扱い方や業者の選び方などいくつか注意が必要です。「知らないうちに違法行為をしていた…!」なんてことにならないように、混合廃棄物を排出する際には気をつけましょう。

また、違法行為やトラブルを防ぐためには、安心・安全な処理業者を選ぶことが重要です。

混合廃棄物の処理は、記事内でご紹介したようなキチンと許可を得ている安心・安全な業者を選んで、リスクを減らしましょう!

また、弊社リダクションテクノでは混合廃棄物の処理も承っています。お見積りから回収完了まで短期間かつ適正コストでお客様のご要望にお応えできるのも弊社の強みの一つ。回収前には必ず現地調査・ヒアリングを行い、事前にお見積りを提示していますので安心してお任せいただけます。

さらに、処理だけでなく、仕分けの代行や現場教育も支援が可能です。

混合している廃棄物でお困りの際は、ぜひ一度お問い合わせください!

 

 

この記事に関連するコラム

お問い合わせ・無料お見積り
Contact・Free quote

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6231-8455

受付時間:平日9:00〜18:00

お問い合わせ お見積り依頼