コラム

産業廃棄物 2020.08.19

蛍光灯を処分する際の注意点。廃棄方法・失敗しない業者選びのポイントとは

廃棄物回収安心第一価格適正化業者選定産業廃棄物

水銀を含む蛍光灯は産業廃棄物として扱い、都道府県から「水銀使用製品産業廃棄物」の収集運搬又は処分の許可を受けた業者に依頼しなければならないと廃棄物処理法で定められています。無許可の業者へ依頼すると違反行為となってしまうため、業者選びには気を付けなければなりません。 この記事では、蛍光灯の廃棄方法や失敗しない業者選びのポイントについて解説。現在蛍光灯を使用している方や、蛍光灯を廃棄したいと考えている方は必見です!

 

 

1.蛍光灯の廃棄方法について

使用済みの蛍光灯は、産業廃棄物として扱われます。蛍光灯の中には微量ですが有害物質である水銀が含まれているため、廃棄の際には適正な処分が義務付けられているのです。

不法投棄など不当な方法で処分した場合、懲役や罰金等の罰則が科せられます。

また、蛍光灯の廃棄を業者に委託する場合は、業者選びも要注意。収集運搬・処分を依頼した蛍光灯を業者が不当な方法で処分した場合は、処分を行った業者だけでなく、依頼主である排出事業者も責任を問われます。

そのため、蛍光灯を廃棄する際は業者選びも慎重に行わなければなりません。

2.平成29年の法改正により、蛍光灯を含む「水銀使用製品産業廃棄物」の取り扱いが変更

蛍光灯の収集運搬・処分を行えるのは、都道府県から許可を得ている業者のみ。

今までは水銀を含む蛍光灯は単なる産業廃棄物として処理の委託ができていましたが、平成29年10月1日から廃棄物処理法の改正が行われ、廃棄方法などが変更されました。

水銀を含む蛍光灯は「水銀使用製品産業廃棄物」とみなされ、運搬・処理を委託できるのは「水銀使用製品産業廃棄物」の収集運搬又は処分の許可を都道府県から受けた業者のみとなりました。

そのため、蛍光灯の回収・処理を依頼する際には、許可を得ている業者かどうかを確認しなければなりません。

また、平成29年の改正のタイミングで、蛍光灯など「水銀使用製品産業廃棄物」を扱う際の契約書に記載する内容や処分方法などが新たに指定されました。詳細は環境省が提示している下記の資料をご参照ください。

参照:https://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/H2906_setsumei.pdf

3.失敗しない業者選びのポイント

ここまで解説してきたように、許可を得ていない悪質な業者に蛍光灯の収集運搬や処分を依頼すると、不当な方法で処分されてしまう恐れもあります。そのため、業者を探す際には気を付けなければなりません。しかし、「業者選びの判断基準がわからない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、こちらの項目では業者選びのポイントについて解説します。

3-1.必ず見積りをとる

事前に見積もりをとっておかないと、回収後に「手数料などが発生し、思っていたより高額になってしまった…!」なんてことにもなりかねません。業者に蛍光灯の収集運搬や処分を依頼する際には、必ず見積もりを取るようにしましょう。

ちなみに、弊社リダクションテクノでは蛍光灯と併せて他の廃棄物も回収・処分することができます。廃棄する蛍光灯が少量すぎると運搬費が割高になってしまいますが、他の廃棄物と一緒にまとめて廃棄することで無駄なコストを抑えることができます。コストを削減したい方や、他の廃棄物の回収・処分に悩んでいる方はぜひお気軽にご相談ください

3-2.法改正前に蛍光灯の運搬・処分を行っていた業者には細心の注意を!

法改正前の平成29年10月1日の時点で蛍光灯などを取り扱っている業者の場合は、既存の許可証が有効となり、収集運搬や処分に関する変更許可申請が不要となっています。そのため、委託する業者を探す際には自分たちで新たな法改正の基準を満たしているかどうか判断しなければなりません。

3-3.マニフェストをしっかり確認する

蛍光灯の収集運搬・処分を行えるのは、都道府県から許可を得ている業者と限られています。

また、蛍光灯などといった水銀使用製品産業廃棄物を収集運搬・処分する際には、マニフェストの提出が必須です。マニフェストは廃棄物がキチンと正しく処分されたか確認するために必要な書類。不当な方法で処分されていないか、マニフェストはしっかり確認するようにしましょう。

4.蛍光灯の処理/回収の相場感

弊社リダクションテクノでは回収対象エリアの各都道府県から許可を得ているため、安心して蛍光灯の収集運搬・処分をお任せいただけます。

また、法改正で強化された事業所内での一時保管方法などについてのアドバイスも実施。蛍光灯は微量ながら有害物質である水銀を含んでいるため、保管時も運搬時も割れないよう細心の注意を払わなくてはなりません。そのため、弊社リダクションテクノでは蛍光灯を運搬する際には専用ケースに入れて破損防止に努めています。

蛍光灯の処理単価は以下の通り。弊社リダクションテクノでは、一般的な業者と比べて安価で蛍光灯を回収しております。

■蛍光灯(99w以下)の処理単価

一般的な業者の処理料金 360円/本
弊社リダクションテクノの処理料金 200円/本

※運搬費用は別途かかります。

対象エリアは一都三県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)。「なるべく蛍光灯の処分費用を抑えたい!」という方はぜひお気軽にお問い合わせください。

5.蛍光灯の処分は、都道府県から許可を受けている業者に依頼しましょう

記事内で解説したように、水銀を含む蛍光灯は産業廃棄物として扱われ、都道府県から許可を得ている業者に処分を依頼する必要があります。

許可を得ていない悪質な業者に依頼してしまった場合、不当な方法で処分されてしまう可能性も。不当な方法で処分された場合には、実際に処分を行った業者だけでなく、依頼した側である排出事業者も責任を問われます。

違法行為に加担してしまうと、罰金刑や懲役刑に科されるだけでなく、会社のイメージダウンに繋がってしまう恐れもあるので注意が必要です。 

そんなリスクを減らすためには、キチンと都道府県から許可を得ている業者に依頼するのが一番!

業者選びの際には、「許可の有無」や「マニフェストを発行しているかどうか」「蛍光灯が割れないための対策が取られているか?」などといったこともチェックしましょう。

廃棄物でお困りの際はお気軽にご相談くださいませ。

 

 

この記事に関連するコラム

お問い合わせ・無料お見積り
Contact・Free quote

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6231-8455

受付時間:平日9:00〜18:00

お問い合わせ お見積り依頼