コラム

産業廃棄物 2021.09.08

廃油とは?廃油の種類や、処理方法、回収を依頼する際の注意点を解説

環境廃棄物回収安心第一業者選定産業廃棄物

飲食店や工場などで多く排出される“廃油”。産業廃棄物の一つである“廃油”は引火性を持っている場合もあるため、取り扱いには注意が必要です。 この記事では、産業廃棄物として排出されることの多い主な廃油の種類や処理方法、「特別管理産業廃棄物」への分類などについて詳しく解説します!

1.廃油とは

そもそも廃油とは、“事業活動によって生じた使用ずみの油”のこと。

産業廃棄物20種目の中の一つで、運搬・処分する際には産業廃棄物として法律で定められた正しい方法に則って扱う必要があります。

 

また、引火性を持っている場合もあるため、取り扱いには十分注意しなくてはなりません。

廃油は保管・運搬に関して廃掃法や消防法にて規制されているため、産業廃棄物として排出する際には気を付けましょう。

 

2.廃油の種類

ひとくちに廃油といっても様々な種類があります。

主に産業廃棄物として排出されることの多い廃油は以下の通りです。

 

・鉱物性廃油(石油を原料としている廃油)

・動物性廃油(牛脂やラードなど動物から抽出された廃油)

・植物性廃油(菜種油やオリーブオイルなど植物から抽出された廃油)

・廃溶剤(石油や油脂工業で排出されることの多い液体)

 

その他にも潤滑油や洗浄油、タールピッチなどが産業廃棄物として多く排出されています。

 

3.廃油の処理方法

続いて、廃油の処理方法について解説します。

廃油の処理方法は主に以下の3つです。

 

■リサイクル

廃油は、がれき類や金属くずなどと比べるとリサイクル率の低い産業廃棄物に分類されますが、それでも年間総排出量の4割近くがリサイクルされています。

廃油の種類によってリサイクル方法は様々ですが、主に廃油再生処理工場にて油水分離や遠心分離などを行い再生重油として製品化したり、バイオディーゼル油や石鹸の原料として利用したりといった方法で再生利用されています。

 

■減量化

少しでも排出量を少なくするために、廃油は減量化も実施しています。

廃油はリサイクル率が低い反面、減量化率が高く、年間排出量の半分以上が減量化されています。

 

■最終処分

リサイクルできない廃油は減量化の後、焼却処分を行ってから、廃棄物処理法の処理基準に則り埋め立て処分されます。

 

ちなみに環境省が令和3年に発表した報告書によると、令和2年度に排出された廃油は42%が再生利用され、56%が減量化、2%が最終処分されています。

参照:令和2年度事業産業廃棄物排出・処理状況調査報告書(環境省)

 

4.廃油の回収を依頼する際の注意点

最後に、廃油の回収を業者に依頼する際に注意すべきポイントをご紹介します。

 

4-1.引火点が70℃未満で燃えやすいものは「特別管理産業廃棄物」にあたる

灯油類や軽油類など引火点が70℃未満で燃えやすい油、“引火性廃油”は「特別管理産業廃棄物」に分類されます。

「特別管理産業廃棄物」は人の健康や生活環境に被害を生じさせる恐れがあるため、取り扱いには要注意!

「特別管理産業廃棄物」は事業者自らが特別管理産業廃棄物処理基準に従って処理を行うか、資格を持つ業者に運搬・処分を委託しなければなりません。

また、「特別管理産業廃棄物」を扱う際には、産業廃棄物よりも厳しい規制が設けられているため気を付けましょう。

参照:特別管理廃棄物規制の概要(環境省)

参照:特別管理廃棄物とは?種類・該当する品目などについて詳しく解説

 

4-2.古い絶縁油には、PCBが含まれている場合がある

古い絶縁油には、食中毒や発がん性など健康に悪影響を及ぼす可能性のある“PCB“が含まれている場合があります。

“PCB”は危険性が高いため昭和47年以降は製造・新たな使用が禁止されていますが、いまだにPCBを素材として使用している製品は処理しきれていません。

そのため、古い絶縁油を取り扱う際には特に注意が必要です。

参照:【PCB廃棄物を保管している方へ】有毒性・PCB廃棄物特別措置法などについて解説

 

4-3.有機塩素化合物などが含有する場合「特別管理産業廃棄物」にあたる

特定の有機塩素化合物を含む廃油は“引火性廃油”と同様に、「特別管理産業廃棄物」に分類されます。

“引火性廃油”と同じように通常の産業廃棄物よりも厳しい規制が設けられているため、取り扱いには注意しましょう。

 

5.廃油の取り扱いに困ったら、リダクションテクノにご相談ください!

記事内でもご紹介したように廃油はリサイクル率が低く、保管・運搬に関しては廃掃法や消防法にて規制されている産業廃棄物です。

もし焼却処分する際は必ず燃やさなければならず、間違った方法で保管・運搬すると環境面へ影響を及ぼす可能性があるので取り扱いには十分に注意しましょう。

 

ちなみに、弊社・リダクションテクノでは廃油の運搬や処理、取り扱いに関するご相談にも応じております。廃棄物処理と合わせてリサイクルも行うことにより、環境に配慮しながらコスト削減ができるようにご提案しておりますので、廃油の処理やコストなどに関してお困りでしたら、リダクションテクノまでご相談ください。

この記事に関連するコラム

お問い合わせ・無料お見積り
Contact・Free quote

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6231-8455

受付時間:平日9:00〜18:00

お問い合わせ お見積り依頼