コラム

産業廃棄物 2020.09.23

スプレー缶の穴あけ作業は危険です

廃棄物回収産業廃棄物スプレー缶処理穴あけ作業

業種問わず少量ですが発生するスプレー缶。中身は多種多様で虫除け・塗料・制汗・消臭・エアダスターなど内容物も特定しきれないほど多数あります。使い切っていても穴が空いていないと回収できないと言われる経験はありませんか?実は穴あけ作業での事故がとても多い事をご存知でしょうか。

実は使い切れていない

スプレー缶は使い切ったと思っても全て内容物を出し切れるケースは稀です。

噴射するために使用されるガスは主に2種類あり「液化ガス」、「圧縮ガス」に分かれます。

液化ガスは主に液化石油ガス(LPG)とジメチルエーテル(DME)が使用されます。

日本で消費されるエアゾール用噴射剤の70%がLPG。

LPGとは非常に燃えやすく取り扱いは十分な注意が必要です。

換気の良いところで使用し火気厳禁は絶対。

話は戻りますが残量が少なくなったスプレーは内部圧も低下し噴射できなくなります。

この状態で使い切ったと思っても少量ですが可燃性ガスが残存しており、

そこで穴あけ作業をすると爆発、発火などの危険な状況に。

絶対に穴あけ作業は行わないでください。

リダクションテクノではスプレー缶を専門に処分する処理場と契約し、

穴あけしなくても回収できますので是非にご利用ください。

少量からでも対応出来ることも弊社の強みとなりますので、

お気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するコラム

お問い合わせ・無料お見積り
Contact・Free quote

お電話でのご相談・お問い合わせ

03-6231-8455

受付時間:平日9:00〜18:00

お問い合わせ お見積り依頼